アルザスは、土地と風景がとても多彩です。 そもそもぶどう栽培に適した土地で、乾燥した気候と日照、複雑な地質、ぶどう畑に最適な土壌と理想的な向きに恵まれています。

地理的にゲルマン人とローマ人の双方の影響が交差する地点に位置することが、紀元後すぐにローマ人によりぶどう栽培が持ち込まれ、以来、情熱ある生産者たちがこれを持続させてきた、その歴史を物語っています。

ぜひ以下のことをご覧ください:

01.Logo320Vignoble
02.vignoble1-4
03.vignoble2-4